『暗号通貨』と『トークン』違いはなにか??

暗号通貨とトークンの違いはなにか??

今回は、暗号通貨とトークンの違いについて、分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

トークンの意味とは?

トークンには、さまざまな解釈があります。
暗号通貨業界での『トークン』とは『企業や個人が、既存のブロックチェーン上で発行した独自のコイン』という意味で使用されています。

元々『トークン』という言葉は、価値のあるものと交換できる代用貨幣・代用紙幣といった意味で使われていました。
そのため、商品券・引換券・ポイントサービスで貯めて使えるポイントなども、発行元が提供する商品やサービスと交換する事ができるので、トークンである、と言えるでしょう。

『暗号通貨』と『トークン』の違い

暗号通貨とトークンは、価値のあるものと交換ができるので、広い意味ではどちらもトークンであると言えますが、暗号通貨業界では両者を使い分けています。

暗号通貨
通貨毎に独自の技術を用いて、ブロックチェーン上で発行や流通をしています。
トークン
独自の技術ではなく、既存のブロックチェーンを利用して発行や流通をしてます。
【暗号通貨とトークンの違い】
独自のブロックチェーンを使っているか否かで見分ける事ができます。

『暗号通貨』と『トークン』のタイプ

カレンシータイプ

カレンシータイプは、発行元が存在せずにマイニングによって通貨を発行する、非中央集権的な通貨の事を指しています。
通貨の発行上限が決められており、予め構築されたシステムに基づいて自動的に運営されています。
そのため、発行枚数を意図的に調整する、などといった事はできません。

【代表的な通貨】→ ビットコイン・イーサリアム・リップル

アセットタイプ

アセットタイプは、発行元が存在しており、発行元が発行枚数の管理や運営をしている、中央集権的な通貨の事を指しています。
暗号通貨としての性質よりも『株』に近い性質を持っています。
実際に流通しているトークンは株式でありませんが、発行元のビジネスが成功すればするほど発行したトークンの市場価値が高まる要因になり得るので、まるで株式資産のような性質を持っています。

アセットタイプの暗号通貨を売買する時は『暗号通貨』を売買しているというより、アセット(資産)を発行している発行元を株式のように売買している、と言った方が適切かもしれません。

【代表的な通貨】→イオス・トロン・テザー

『トークン』の詳細

ICOには必ずトークンが発行されて使われます。
トークンの「電子引換券」のような特性活かし、事業者はトークンを利用して資金調達ができます。
個人はトークンを買うことで利益を得る事が出来ます。
このトークンを購入すると、ビットコインやイーサリアムなどといった暗号通貨と交換できる「引換券」のようなものとして使用ができます。

【1・購入の判断材料となるホワイトペーパーを作成し開示する 】

ホワイトペーパーとは、「目論見書」のようなものであり、展開する事業の概要・集めたトークンの用途・売り出し方法の他、プロジェクトに参加する人物、理念等の詳細が細かく記載されています。
ICOにおいてホワイトペーパーは慣例のようになっていますが、必ずしも作成しなければならないものでもありません。
トークンを購入するかどうかは、このホワイトペーパーの内容で正当性や価値を判断します。

【2・売り手側は、トークンを発行する 】 

イーサリアム、NEMなどのブロックチェーン上で『トークン』を発行します。

【3・ビットコインなどの暗号通貨でトークンを販売し資金調達が行われる 】 

資金調達を行う上で、ビットコインやNEMなどの暗号通貨に限定される理由は、法定通貨を対価としてトークンを発行す事により、マネーロンダリングの危険性を指摘される恐れがあるからです。

トークンのメリット・デメリット

トークンのメリット

【1・開発のコスト、工数を削減する事ができる 】

トークンは、既存のブロックチェーンを利用するのため、新しくブロックチェーンを構築せずとも発行が可能です。
・誰でも簡単に発行をする事ができる
・既存の通貨のウォレットを使う事ができる(ウォレット開発の必要がない)
・マイナーを確保する必要が無い
・分散型取引所への上場がしやすい

【2・発行する事で資金調達する事ができる 】

トークンは、株よりも安く簡単に発行して、資金を調達する事が可能です。
・ICOプロジェクトが立ち上げに成功した後には、サービス等の還元、トークンそのものの価値が上がる
・売り手と買い手、共にメリットがある仕組みにはなっている

トークンのデメリット

【1・購入するリスクが高い 】

トークンの最大のデメリットとして挙げられるのが、購入する際のリスクです。
ICOでトークンを購入しても、投資先のプロジェクトが必ず成功するとは限らないので、投資損失の可能性があります。

また、ICOには詐欺案件が紛れている事があり、資金を持ち逃げされてしまうといった事も起きています。
トークンを購入する際には、これらのリスクを考慮した上で慎重に選ぶ必要があります。


今回は、トークンと暗号通貨の違いや、トークンのメリットデメリットなどをお伝えしました。

暗号通貨投資を行っていく上では基本的な内容になるかと思います。
ご参考になれば、嬉しく思います。

皆さんのお力になれる事もあるかと思いますので、下記のLINE@よりお気軽にご連絡をいただければと思います^ ^

最後までお読みいただき、ありがとうございました!(^^)