暗号通貨の規制は厳しい!?それはなぜ??

暗号通貨の規制は厳しいのか!?それはなぜ??

暗号通貨』と『政府』の関係は、誤解されやすい問題の1つ…のように感じます。

「そもそもなぜ政府は暗号通貨を規制するのか?」
「政府が暗号通貨の価値を保証し、バックアップすれば暗号通貨は成功するのでは?」

このように感じた事のある方、いらっしゃるかもしれません。

そもそも、政府は『中央集権的』な存在で、暗号通貨は『非中央集権的』な存在です。
そのため、いわゆる「相性が良くない」という傾向にもなるのです。
政府と暗号通貨の関係をしっかりと理解できれば、暗号通貨の重要な問題を理解する事にも役立ちます。

今回は、政府が暗号通貨を規制しようとする本当の理由について、お伝えしていこうと思います。

政府は『中央集権的』

中央集権的とは、中央に権力が集中している事です。
たとえば、政府は『国家を統治する機関』なので、権力の多く握っています。

そのため、国家が発行する法定通貨(日本の場合には日本円)も、国が権限を握っていて、国によって価値が保たれています。

良くも悪くも、権力が集中しているのが『政府』という機関です。

暗号通貨は『非中央集権的』

非中央集権的とは、中央に権力が集中しておらず、分散している事です。
そのため、『分散型』と呼ぶ事もあります。

たとえば…。
ビットコインは、国によって発行されたものではありません

そればかりか、特定の管理者なども存在せず、世界中のユーザーがビットコインのアルゴリズムに従い、結果としてビットコインが維持されています

政府がなぜ暗号通貨を規制するのか

上述のように、政府は『中央集権的』な存在で、暗号通貨は『非中央集権的』な存在なので、そもそも相性が悪いものなのです。
これをもう少し詳しく考えてみましょう。

たとえば、国家のあり方にも『社会主義』『資本主義』という2つの考え方があります。
日本は資本主義ですが、政府が多くの問題を決めてしまう社会主義も、世界にはまだまだ存在します。

そういった国で、資本主義的な考え方をした人々がいきなり現れたら、政府はどうするでしょうか?
おそらく、『規制』するのではないかと思います。

暗号通貨においても同じような考え方をする事ができます。
お金にも、『社会主義』と『資本主義』のようなものがある、という事です。

あくまでも、おおまかなイメージとして…。
資本主義 → ビットコインなどの暗号通貨
社会主義 → 日本円などの法定通貨
このような捉え方が分かりやすいかと思います。

政府は暗号通貨を恐れているのか!?

上述したように、政府は国家を統治する機関です。
つまり日本政府は日本において『秩序を保つ』という役割があります。

一方、暗号通貨はあまりに資本主義的過ぎるので、秩序を乱す恐れがあります。
これが、日本を含むいくつかの国で規制が検討されている理由となります。

たとえば…。

・税金をしっかりと課税する
・マネーロンダリング防止
・国民の資産の把握
・金融政策
といった政府の仕事があります。

しかし、暗号通貨は個人情報と結び付けがされていないため、政府がこうした仕事をしにくくなります。
もしも、日本人が日本円ではなく、ほぼ100%の支払いを暗号通貨でするようになったら、国はもはやどうしようもない状態になります。

特に、中国などはのような事を懸念して、チャイナコインなど国家発行の独自通貨を検討したり、暗号通貨の規制強化を行ったりしています。

ユーザーにとってはメリットがある

だからといって、暗号通貨が「悪い存在」というわけではありません。
上述のような事情から、政府とはあまり相性が良くない、というだけの事です。
と考えると、税法の整備がなかなか整わないのも、やはり…と思うところです。

私たちユーザーにとって、暗号通貨にメリットがないとは限りません
暗号通貨を正しく知り、取り入れられる範囲から取り入れてみる、そうすると見える世界に変化があるかもしれませんね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!(^^)