暗号通貨取引でやりがちな3つのミスとは?その対処法について

暗号通貨取引でやりがちな3つのミスとは?その対処法について

暗号通貨市場は、スピードが早く、価格のボラティリティも非常に高い市場として知られています。
そんな中で、暗号通貨取引初心者が犯しやすい3つのミスとして、トレンドに逆らった取引保ち合い相場での取引リスク分散の欠如である、という報告がありました。
今回は、この3つのミスの詳細と対処方法についてお伝えしていきます。

暗号通貨における致命的なミス

暗号通貨業界はボラティリティの非常に高い市場として知られており、短期の変動だけでなく、中長期でも大きな変動が見受けられています。
10月11日には、ビットコイン(BTC)価格がほんの30分間で6500ドル(約72万円)付近から400ドル(約4.4万円)の値下がりを見せ、結果的に4.77%の下落を起こしました。

さらに、中長期的に見ても、昨年2017年末に2万ドル(約220万円)ほどの過去最高値を記録したビットコインは、2018年に入ってからも下落の一途をたどっており、現在では6500ドル(約72万円)前後で取引されています。
また、ほとんどのアルトコインの価格推移も、ビットコインと同様です。

2017年末にかけた暗号通貨市場の高まりによって多くの新規参入者を得た後に、暗号通貨市場が大きな調整に入った事から、多くの人々が含み損、または、損失を被ってしまっていると言えるでしょう。

そんな中、海外仮想通貨メディア『CoinDesk』は、新規トレーダーが犯しやすい3つのミスが、トレンドに逆らった取引や保ち合い期間中の取引、リスク分散を考慮しないことであるという報告をしています。

1.トレンドに逆らった取引

洗練された暗号通貨トレーダーであれば、その経験や低リスクでの取引などによって、暗号通貨市場全体が下落トレンドであっても短期取引を繰り返し、2~3%の利益を生み出していけるかもしれません。
しかし、大半の人々は、強気相場でショートポジションを取る、弱気相場でロングポジションを取るというようなトレンドに逆らって短期的な取引を行うことは危険な行為となります。

相場トレンドに逆らったポジションは、約定されずに取り残されていってしまう場合も多いです。

そのため、暗号通貨市場を代表する指標と言っても過言ではないビットコインのトレンドから、市場全体のトレンドを把握し、トレンドに沿った取引を行うことが大切となります。

2.保ち合い期間中の取引

トレンドに逆行しないことに加え、価格が横ばいに推移していく保ち合い期間中での取引を行うことも不適切であるとされています。

暗号通貨市場は上述の通り、非常に動きの激しい相場であり、価格の急激な下落や上昇、トレンド転換が行われるため、買いシグナルや売りシグナルのない保ち合い相場で取引を行うのではなく、その保ち合い相場後に形成されるトレンドに沿って取引を行う事も大切であるという事になります。

3.リスクの分散

取引の注意点に加え、初心者は、全投資金を一度に一つの仮想通貨に投じ、HODL(手離さないで長期保有すること)をしてしまう傾向があるとされています。
しかし、このHODLは、その価格回復までに何年もかかってしまう可能性もあります。
そのため、ある期間において、仮想通貨を購入する際の資金を減らし、複数回に分けるとともに、仮想通貨も一つの通貨だけでなく、複数通貨で所有する事でリスクを分散させるべきであるとされています。

暗号通貨業界は非常に複雑で、その業界を取り巻く技術、経済、法律、規制なども難解であるとされています。
嘘の情報やニュースに惑わされず、自分自身で真意を調べる事も重要となってきます。

暗号通貨市場は変動性が高く失敗すれば損失は大きくなる可能性もあるものの、一般的な株式市場では見られない上昇率も、珍しい事ではありません。

暗号通貨市場で生き残るためのカギ
1・市場全体のトレンドの把握
2・トレンドに沿った取引
3・自分自身での調査
この3点を徹底する事が暗号貨市場で生き残るためのカギと言えるのではないでしょうか。

初心者であれば、誰しもが一度はするであろう代表的な失敗が、この3点だと思います。
失敗をゼロにする事はできなくとも、リスク軽減を図る事は可能です。

私が発信している動画内でも、相場予想や考察を行っています!
ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

↓ ↓ 昨日アップしたビットコインキャッシュの相場についてです! ↓ ↓

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!(^^)