ハッシュ戦争から見るリップル(XRP)・ステラ(XLM)の魅力

ハッシュ戦争から見るリップル(XRP)・ステラ(XLM)の魅力

ビットコインキャッシュのハードフォーク戦争に伴い、BTC価格は2018年死守し続けてきた約65万円の最終防衛ラインをついに下回った形となりました。
ハードフォーク前後は、BTCやBCHを中心に売り圧力が強まりましたが、避難先としてリップル(XRP)とステラ(XLM)が相対的な強さを発揮しています。

ハッシュ戦争の影響

昨日(日本時間16日深夜)、ビットコインキャッシュハードフォーク前に、SV派閥のハッシュレートが極端に上がっていた点などを踏まえ、ビットコインキャッシュ自体がどのようになるか、状況判断が極めて難しい状況にありました。
この事によって急落した価格推移は、市場全体へ波及し、ビットコインも年初来最安値を更新するなど、極めて厳しい状況にありました。

下落相場は一先ず落ち着きましたが、今もなおBCHに関するハッシュ戦争は継続しており、SV派閥がABCに攻撃を仕掛ける懸念点も含んでいるなど、市場は相場の方向性を見定めている状況にあると言えるでしょう。

ビットコインキャッシュハードフォークで広がるPoW通貨への懸念

しかし、今回のビットコインキャッシュ騒動によって、少なからずPoW通貨に対する懸念が広がったのは否めません。

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)とは、P2P(ピアツーピア)ネットワークにおいて、発言権をCPUの計算量に応じて与えるコンセンサス・アルゴリズムの1種です。
いわゆるパソコン(特殊なものも含む)を利用してマイニングを行いブロックを生成する仕組みを指し、ビットコインを初め、ビットコインキャッシュなど多くの通貨で採用されています。

基本的に分散型のネットワークを構築するシステムとして、『非中央集権制』を成り立たせる仕組みと言えますが、今回のビットコインキャッシュのハッシュ戦争は、多大な影響力を持ち合わせた派閥同士の争い激化により、ネットワークの混乱を招いた事例として、暗号通貨業界に大きな課題を残しています。

リップル(XRP)、ステラ(XLM)の価格上昇

そのような背景の中で、相対的に価格下落率が低く、上昇へと転じたのが『リップル(XRP)』と『ステラ(XLM)』の2通貨です。

ステラは過去最大のエアドロップを控えている事や、リップル社も動きがより活発になっているための価格上昇、との見方もありますが、『PoW問題』を回避する投資家の避難投資先になった可能性も十分考えられます。

WeissRatingsも当時ツイッターにて、ここ2日間でおきたビットコインの一年以上における最低価格に対して、未だサポートラインを守りながら、取引されているリップルとステラなどの通貨は、アルゴリズム上のマイニング(PoW)に頼らない共通点が見られる、と取り上げていました。

さらに、暗号通貨などの格付け機関『WeissRatings』は、「XRPは直近の最低値≒0.26ドルを大幅に上回っており、仮にBTCの相場に連動しなくなった状況が顕著に見られれば、暗号通貨市場にとって大きな一歩となるだろう。」と言及しています。
また、個別の暗号通貨がBTC連動でなく、独自材料で動くことが望ましい環境だと、見解を示しています。

XRPの『Proof of Consensus』や、XLMの『Stellar Consensus Protocol』などは、銀行や決済業社に利用されるために、独自ネットワークの採用していますが、これまでは、ある意味で中央集権制に反しているとの見方もされていました。
しかし、直近の政府の動きや企業の規制の動きなど、集権化や非秘匿性が進む状況なども加味して見直しがされ始めている、と理解する事もできます。

一方で、巨大なハッシュレートに支えられるビットコインの存在は、非中央集権化を支える重要な存在であり続けています。

暗号通貨における『非中央集権』と『中央集権』の動きは、今後の暗号通貨業界の発展にも大きな変化をもたらすと考えられるため、各国政府や企業の動きが活発になってきた現在、今後の動きを見守っていく必要がありそうです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!(^^)