カルダノ(CARDANO)・今後の展望

カルダノ・今後の展望

カルダノ財団で会長を務めていたMichael Parsons(マイケル・パーソンズ)氏が辞任したことによって、CARDANOプロジェクトは変革の時を迎え始めています。
カルダノエイダコイン(ADA)の生みの親として知られるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、自身のYouTubeチャンネルで今後の展望について語り、日本市場を重要視している事を明かしました。

CARDANO:多様化されたコミュニティの実現

ホスキンソン氏は、「コミュニティからの信頼と落ち着きを持った熟練の執行取締役を求めている」と述べており、カルダノコミュニティを支える数多くの組織から寄付された「何百万ドル(何億円)もの資金で管理される多様化されたコミュニティを見たい」と語っています。

ホスキンソン氏は以前から、世界各国のカルダノコミュニティが独自に発展していける環境作りに取り組んでおり、アフリカではカルダノのエンジニアを育成するためのトレーニングが無料で提供されています。

ADA:正当な評価を「日本」で獲得

またホスキンソン氏は、ADAが日本において正当な評価を受ける事ができるよう、カルダノ財団が日本への投資を強化する事を望んでいるとも語っています。
同氏はカルダノプロジェクトが日本に強力なコミュニティを持っている事を強調しており、それらのコミュニティや日本を、今後も全面的にサポートしていく意思を表明しています。

カルダノプロジェクトは以前から日本との関わりが強く、ADAを気軽に売買することができる仮想通貨ATMの設置なども計画されていました。
しかし、規制の厳しさなどの影響もあり、それらのプロジェクトをうまく進ませる事ができずにいました。
カルダノ財団からの支援を受ける事ができれば、これまで停滞していた日本に関する取り組みも今後はさらに発展していく可能性があります。

カルダノプロジェクトは進行中

最近では、カルダノ財団で会長を務めていたMichael Parsons(マイケル・パーソンズ)氏の以前の行動によって、カルダノプロジェクトが不安定な状況になっている事に不安を感じている人も多かったのでは、と思います。
ホスキンソン氏はこれまで懸念されていた問題の解決に関して楽観的に捉えている事を語り、不安を抱いていた人々に安心感を与えました。

ホスキンソン氏は、パーソンズ氏が正しい選択をしてくれたことやそれによってカルダノの生態系が現在も保たれている事を非常に嬉しく思っている」と語っており、これらの問題に対して気を配ってくれたコミュニティメンバーに対しても感謝を述べています。

カルダノ財団の運営が適切に行われる事によって、金銭的な面だけなく、国際的な取り組みや規制関連への対応などの様々な問題が解決される可能性があります。
多くの日本人が今後の発展に期待しているCARDANOプロジェクトはこれから日本で大きな発展を遂げる可能性を秘めています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!(^^)