取引所『Huobi』がビットコインABCを『BCH』に任命

『Huobi』ビットコインABCを『BCH』に任命

世界取引高No.3の大手仮想通貨取引所Huobiは、ビットコインキャッシュのハードフォーク後の分裂通貨であるABCバージョンを正式のビットキャッシュとしてみなし、既存の『BCH』ティッカーを継続させると公式で発表しました。

Huobiのハードフォークに関する対応

ツイッターでの発表内容です。

Huobiグローバルは、ABCのチームがブロックチェーンにおけるリプレイプロテクションを確保するチェックポイントを設置したことが確認でき、BCH ABCの方が最もブロックチェーンが長いため、BCHのティッカーを保持することにした。そして、SVバージョンを、『BSV』とする。

このような事から、パワーバランスはABCに傾いている事も分かります。実際、ハッシュパワーもABCが優勢です。
ABC派にとっては、大きな好材料といえるのではないでしょうか。

ハードフォーク後、入出金の対応

Houbiグローバルは、BCH(ABCバージョン)とBSVの入出金、配布、および取引再開に関して、以下のように公表しています。

・BSVは1:1の比率でBCHの所有者に配布する。
・BCH(ABCバージョン)の入金は、日本時間11月19日月曜日、15時より開始する。
・BSVの入金は、日本時間11月20日火曜日、16時より開始する。→ 最新情報あり!
・BCHとBSVの出金開始日は、後日にお知らせする。

HuobiとBinanceの対応

このニュースでの重要点は以下となります。

1・リプレイプロテクションの実装を取引所が明言
2・ABCをBCHのティッカーとして扱う取引所が出てきた

リプレイプロテクションとは、分岐したチェーンが相互に作用しないシステムのことで、実装されていない状況で通貨分裂した場合、不正送金(リプレイアタック)が行われる懸念も含む事になります。

よって、取引所によっては、リプレイプロテクションの実装、独自のアドレスフォーマットの実装等、ハードフォーク後の新通貨の開発状況を、通貨分岐の明確な基準としている場合もあります。
このリプレイプロテクションが実装された事によって、ついに引き出しが開始できる可能性も高まっています。
この動きを見て、日本の取引所も付与通貨配布などに動く可能性はあるでしょう。
また、世界3位のHuobiが、ABCをBCHのティッカー後継者と見なしている事は、両通貨の相場にも影響をもたらされるであろうと考えられます。


一方、『Binance』はBitcoinABCとBitcoinSVという新しい通貨として取り扱いを行なっていたため、他の取引所も追随する先例になるとの見方も強かった事から、今回の発表は極めて重要な発表となります。

Binanceの代表者CZ氏は、先週ツイッター上で、「いずれの通貨も、BCHのティッカーへと変更させず、今後もその変更予定はない」と言及しています。

現在、Binance上では、『BCHABC』と『BCHSV』という二つの分裂通貨が取引されており、旧BCH自体はすでに廃止された格好となっています。

このように、代表的な取引所がそれぞれ異なった対応を行っている事を踏まえると、各取引所によって一致しない対応の可能性も高くなります。


『Poloniex』は、ハードフォーク前から両通貨の取引を継続しているが、『OKEx』や『Coinbase』などの大手取引所は未だ状況を見ている状況にあります。
(※ なお、OKExは二日前の公式発表では、「仮にSVか、ABCがリプレイの保護を加えた場合、ユーザーの所有BCHのに応じて、1:1で保護の入っていない通貨を(分裂通貨として)配布する」と掲載しています。)

これらの対応は、BCHの価格変動にとって重要な動きとなるため、今後もビットコインキャッシュのユーザーだけでなく、全ユーザーが注視したいトピックスとなるでしょう。

ビットコインキャッシュABC入金を緊急延期

Huobiは、元々日本時間11月19日月曜日の15時に予定していたBCH(ABCバージョン)の入金を緊急延期した事を、ツイッターで発表しています。
相場全体が下落している中、今後の展開が注目されます。
なお「入金の新たしい日時を別途で告知する」と記述されています。
(※ ↓ ツイッターよりご確認ください。)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!(^^)