そもそも暗号通貨って何なの??

暗号通貨って何なのか?基礎から知ってみよう!

ここでは、暗号通貨と法定通貨の違いを、初心者の方でも分かるようにお伝えします!

法定通貨って何??

日本人の私たちが、普段の生活で使っている通貨は「円」ですね。

これが「法定通貨」と呼ばれるものです。

そもそも、この法定通貨とは何なのでしょうか?

「法定通貨」とは、日本の「円」、アメリカの「米ドル」、ヨーロッパの「ユーロ」などの事です。

国(中央銀行)が発行している、法で定められた通貨ですね。

国が法律でお金と認めているので、この法定通貨に信用がつき、皆さんも安心して様々場面で使っていますよね。

国により管理されているので、これを「中央集権型管理」と言います。

ちなみに、暗号通貨業界では、法定通貨の事を【 フィアット (Fiat)】と呼んでいる場面が多いので、覚えてくと便利かもしれません。

暗号通貨(仮想通貨)って何??

では、暗号通貨(仮想通貨)とは何なのでしょうか?

暗号通貨は、国(中央銀行)が介入しない通貨の事です。

現在、日本国内では「仮想通貨」という呼び名で知られています。

暗号通貨=仮想通貨という捉え方で問題はありません。
(当ブログ内では「暗号通貨」で統一をさせてもらいます。)

 

ちなみに、暗号通貨業界では、暗号通貨の事を【 クリプト (Crypto)】と呼んでいる場面が多いです。

これも、覚えておくと便利かな…と思います。

この暗号通貨(仮想通貨)、「仮想」という名の通り、実物のない目には見えない通貨なのです。

紙幣や硬貨のように、実物を目で確認する事は出来ない、という事。

暗号通貨の意味として…

暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をしている通貨】

と表記されている事もあります。

ちょっと難しい言葉が並んでいますが…。

【暗号理論】【安全性の確保】【発行の統制】ここに、暗号通貨の本質があるのですね。

この三項目については、この後説明します。

 

実物がなく目に見えない通貨の取引が可能なの?と不思議に思った方もいるでしょう。

実際に私も最初はそんな疑問が湧いてきましたから。

でも、これが可能なのですね。

では、どのようなシステムで、実物のない目には見えない通貨が成立しているのか?については、この後の

【暗号通貨の特徴】でご説明します。

 

この暗号通貨の草分け的存在、シェア率ダントツNo.1が【ビットコイン(BTC)】です。
(※ ビットコインについて詳しくまとめた記事があります。こちらをご参照ください。)

このビットコインが誕生したのは2009年1月でした。

この年の10月、「1BTC=0.00076ドル」という値段が付き、通貨としての価値が生まれたのです。

その後徐々に支持がされ、通貨としての価値をさらに高め、そして2017年の年末には、「1BTC=18000ドル」以上の価値を付けています。

たった10年足らずで、この価格上昇です。

なお、ビットコイン以外の暗号通貨の事は【アルトコイン】と表現されています。

暗号通貨3つの特徴

暗号通貨の特徴を大きく3つに分けてご説明します。

1:特定の国家や銀行に依存しない

暗号通貨は、特定の国家や銀行に依存せずに存在することが可能です。

価値を保証してくれるところがなければお金として成り立たないのでは?と思いがちです。

法定通貨がそのような仕組みになっているので、そう思うのも当たり前の反応です。

 

ではなぜ、国にも銀行にも依存しなくて大乗なの?という事ですね。

暗号通貨は【3】で説明するシステムを作り上げ、技術への信頼性で「お金としての価値」が存在しています。

暗号通貨は所有している人が多くなれば多くなるほど、利用できる場所もどんどん増えていきます。

ビットコインをはじめとする多くの暗号通貨は、たとえ国の経済状況が変動しようと、その影響を受けにくい仕組み、これを持っています。

2:法定通貨と換金性がある

暗号通貨を手に入れるには、円やドル等で購入をしなければなりません。

という事は、暗号通貨を法定通貨へ換える事が出来る、という事でもあるのです。

例えば…。

1万円で購入したビットコイン、値上がりをして2万円までになったので、儲け分の1万円を法定通貨にしたいという場合、これが可能なのです。この売買は、365日24時間、いつでも可能です。

これは、当たり前のように感じがちですが、身近にある電子マネーと比較をしてみましょう。

「電子マネー」の場合

「法定通貨」   →  「電子マネー」に変える事は〇

「電子マネー」 → 「法定通貨」に変える事は×

暗号通貨」の場合

「法定通貨」 →  「暗号通貨」への換金〇

暗号通貨」 →  「法定通貨」への換金〇

この換金性、当たり前のようで、実は当たり前ではなかった事が分かりましたか?

3:ブロックチェーン技術

暗号通貨の実態、これは、パソコン上のデータで全て管理をされるというシステムから成り立っています。

保有している人全員ですべての取引を記録するというシステムを利用しているのです。

これが、【ブロックチェーンとなります。

ブロックチェーン、これは【分散型台帳】と呼ばれ、取引の履歴を分散共有、監視し合う事で、取引の正当性を担保する仕組みとなっています。つまり、不正や改ざんが極めて行われにくい、という事なのです。

暗号通貨を保有する皆で管理をしましょう!という、【分散管理型】の通貨なのです。

ここに、法定通貨との大きな違いがありますね。

 

ちなみに…。ブロックチェーンが稼働し始めてから今日まで、ブロックチェーン内での不正や改ざんは、ただの一度もありません。

(政治家が不正を働いたり、どこかの省庁で改ざんが行われるように、人の手を介さない事が最大のポイントですね。)

国(中央銀行)が介入しなくても通貨の流通、運用ができているのは、このブロックチェーン技術を使用しているからなのです。

データだからこそ、国外へ送金する際には早くお金(暗号通貨)を送る事ができます。しかも、手数料が安いのも、暗号通貨の特徴の一つです。早くて安い、ですね。

(※ ブロックチェーンについて詳しくまとめた記事があります。こちらをご参照ください。)

まとめ

暗号通貨とは何か?

1・暗号通貨は、国(中央銀行)が介在しない通貨。

2・暗号通貨は、紙幣や硬貨のように、実物を目で確認する事は出来ない。

3・ブロックチェーン技術を使用しているため、不正や改ざんが極めて行われにくい。

4・保有する皆で管理をする「分散管理型」の通貨。

暗号通貨の3つの特徴

1・特定の国家や銀行に依存しない。

2・法定通貨と換金性がある。

3・ブロックチェーン技術を使用(暗号化と分散化技術で、通貨の改ざんなどの不正や消失を防いでいる)

終わりに…。

今回は、暗号通貨その物の、大きな柱の部分をお伝えしました。

暗号通貨の情報は、日々変化しています。

今年のG20では暗号通貨に関する議題が持ち上がるほど、世界中が注目している通貨になっています。

一か月前の情報は古い情報となる、そんな事も沢山です。

 

しかし!です。基本的な部分、暗号通貨そのものは一体何物なのだろうか?これにはしっかりとした基盤があるため、より詳しくお伝えしました。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。