ステーブルコイン取引高急増!「ステーブルコイン」ってなに?

ステーブルコイン取引高急増!「ステーブルコイン」ってなに?

ステーブルコインの取引高が急激に増加、というニュースが数日前にありましたが、このステーブルコインの代表的なものが「USDT」です。今年は「USDT」に関するニュースも目立っていたため、ご存知かと思います。
この他にもステーブルコインはありますが、そもそも、ステーブルコインとは何か?今回はステーブルコインについてお伝えしていきます。

ステーブルコインってなに?

多くの暗号通貨は価格変動が激しく、ギャンブルのようなイメージを持っている方もまだまだ多いのが現状です。しかし、投資としては非常に魅力的であり、これから発展していく通貨になりますが、決済に使うなど実用化するにはデメリットな側面もあります。

その、暗号通貨のデメリットを解決するために生まれたのが『ステーブルコインと呼ばれる暗号通貨です。ステーブルコインとは総称の事で、具体的な銘柄は様々あります。
ステーブルコインとは価格が一定に保たれ、ボラティリティ(価格変動)がない暗号通貨の事を言います。
価格が一定であることから、法定通貨のように実生活で使いやすくもなります。

ステーブルコインの種類

ステーブルコインは価格が一定に保たれますが、「担保があって価格が保証されている種類」と「無担保の種類」があります。
具体的には3つの種類に分けられます。

ステーブルコインの種類
1・法定通貨担保型:USDT、TSUDなど
2・暗号通貨担保型:DAI(ETH担保)
3・無担保型:Basis、Saga

1・法定通貨担保型(USDT、TSUDなど)

決められた通貨によって価格を担保されているので、いつでも決まったドルに交換できます。
しかし、日常的に使うのはまだ難しいかもしれません。例えば、USDTは米ドルの価格に左右されるため、アメリカの経済状況が不安定になればその価値は変動してしまいます。

ボラティリティが低い通貨として世界中の人々が利用するためには、デメリットとなってしまう可能性も否めません。

2・暗号通貨担保型(DAI)

他の暗号通貨が担保をするタイプであり、債務者が債務を果たさない(果たせない)場合に代わりに損害を補ってくれるものです。
そのため、安定した信頼のある機関が担保する必要があります。
しかし、暗号通貨業界全体がまだ不安定な状況ではあります。
暗号通貨担保型は、不安定な暗号通貨を不安定な暗号通貨で補う形になるため、安定性に欠ける事が分かります。
暗号通貨担保型で最も代表的なものが、イーサリアム担保です。
今後のERC20トークンの開発状況次第では、需要が高まる可能性もあるでしょう。

3・無担保型(Basis、Saga)

無担保型は、文字通り担保なしで運営されるステーブルコインであり、現在一般的に使われている通貨に最も近い状態です。
担保はありませんが、スマートコントラクトが発行量を調節し価格を安定化させる仕組みになります。
暗号通貨が通貨として普及するには、無担保型のステーブルコインが大きな役割を果たすと期待されています。
無担保型で代表的なものは、Basic、Sagaがあります。

ステーブルコインのメリット

価格変動しない事がステーブルコイン最大の特徴となりますが、では、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ステーブルコインのメリット
1・資産の価値を守ることができる
2・暗号通貨暴落時の避難先となる。
3・ボーダレスな利用が可能

1・資産価値を守る

ステーブルコインのメリットの一つ目は、資産価値が守れる事です。
多くの暗号通貨はボラティリティの高さから価値が不安定になりやすい状態です。
暗号通貨に限らず、発展途上国では法定通貨の価格も不安定です。
法定通貨が突然インフレをおこし価値が激減するような、ボラティリティが高い国や地域に住んでいる人々にとって、ステーブルコインは安定生があるため実用的な通貨となります。

2・暗号通貨暴落時の避難先となる

暗号通貨が暴落した時、もしくは価格下落が予想される時に、一旦ステーブルコインに避難することで資産を保持できます

暗号通貨市場は銘柄全体が同様の動きをしやすいため、ビットコインからイーサリアムに交換したところで損失は変わらない、そんなケースがほとんどです。
そのような時、価格が一定になっているステーブルコインに換えておく事で損失を最小限にできる、というわけです。
価格が下がり切った時に再び元の通貨を購入する事で回避ができます。

3・ボーダレスな利用が可能

法定通貨と異なり、両替が不要な暗号通貨は、世界のどこにいても使える通貨です。ステーブルコインも例外ではなくボーダレスな利用が可能です。

利用できる場所の広がりは課題として残されていますが、他の暗号通貨と違いボラティリティがないステーブルコインは、世界中どこに行っても使いやすい通貨となります。

ステーブルコインのデメリット

魅力的な部分が多いステーブルコインにもデメリットがあります。

ステーブルコインのデメリット
1・世界中での普及が必要
2・カウンターパーティーリスク
3・担保の安定性に不安がある

1・世界中での普及が必要

真っ先にあげられるデメリットとして、ステーブルコインの普及が世界規模で行われないと価値を見出せない事があります。

資産価値を守るための避難先になるにも担保は何なのか、その担保はすぐに準備できるのか、普及させるための各国の連携などの他、法定通貨担保型であれば、大量の資金を集め銀行など信用できる期間を通す必要があるので銀行と上手く連携できるのか?これも課題となります。

2・カウンターパーティーリスク

カウンターパーティーリスクとは、取引所などの管理者の破綻やハッキングのリスクによって預けていた自分の資産が戻ってこなくなるリスクの事です。

例えば、法定通貨によって担保されているUSDTは、テザー社が中央管理者として運営しています。テザー社が仮にハッキング被害を受けたり破綻してしまえばUSDTの価値はなくなります。

3・担保の安定性に不安がある

法定通貨担保型、暗号通貨担保型のステーブルコインは、担保になる通貨の安定性が重要となります。

法定通貨型であれば、担保となる法定通貨を発行している国の経済状況が不安定になると、ステーブルコインの価格にも影響が出ます。

もともとボラティリティの高い暗号通貨を担保にするのであれば、不安定な担保で不安定な仮想通貨を発行するわけですから、安定性に欠けるのは言うまでもありません。

ステーブルコインまとめ

今回はステーブルコインのメリット、デメリットといった基本的な事をお伝えしました。
法定通貨や仮想通貨を担保にしているステーブルコイン、無担保で運営されているステーブルコインがあり、国内でも開発している企業があります。

また、暗号通貨のデメリットである「価格の不安定さ」が解消される事から、世界中で広く使われる可能性もあります。
そのためには、発行しているコインを本当に保有しているのか確かめるシステム作り、プライバシーの保証を強化すること、中央集権的な体制にならないようにすること等、課題もまだまだ山積みです。

日本ではまだ実用化が進んでいないのが現状であり、法整備がなされていないため、日本でのステーブルコインの実用化はもう少し先になりそうです。

有名なUSDT(テザー)は色々な疑惑から不信感が高まっていますが、重要な通貨として広まっていくのか?今後も注目をしていきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!(^^)