仮想通貨取引所『Huobi』日本上陸

仮想通貨取引所『Huobi』日本上陸

世界取引高No.2の大手仮想通貨取引所『Huobi(フォビ)』は日本時間17日、日本金融庁(関東財務局長 第00007号)認可の下、事前口座開設の開始を発表しました。

『Huobi』日本上陸・XRPプレゼントキャンペーン

仮想通貨取引所『Huobi(フォビ)』は日本時間17日、日本金融庁(関東財務局長 第00007号)認可の下、新しいBittradeとして、事前口座開設の開始を発表しました。

さらに、「新規口座開設+ログインで、XRP(リップル)を最大1,000円相当をもれなくプレゼント」という特典もあります。
このキャンペーンの流れは、以下の通りになります。

  1. 2018年12月17日〜2019年1月7日24:00 キャンペーン期間内に新規口座開設を完了し、 初回ログインをされた方に、「500円相当分のXRP」をプレゼント
  2. 2019年1月8日〜2019年1月31日24:00 取引サービスリリース後から1月31日24:00までに再度ログインをされた方、または同期間中に口座開設を完了し、初回ログインをされた方に、「500円相当分のXRP」をプレゼント

なお、個人・法人の登録も可能となっており、KYC及びAML/CFTCのような厳格な必要項目も備わっています。
(※ Huobiスタートキャンペーンの詳細)

『Bittrade(ビットトレード)』サービス終了に関して

金融庁から下される、仮想通貨交換業者の認可プロセスが極めて厳格である中、Huobi取引所は、日本の法人『Huobi Japan』として、すでに同庁から認可を得た仮想通貨取引所『ビットトレード』を、今年9月に「業務提携」という形で経営権を異動、事実上傘下に収めた事を発表しました。

今回『Huobi Japan』の発表に伴う、旧ビットトレードのサービス終了などに関する注意事項は以下の通りとなります。

(※ ビットトレードサービス終了、Huobiサービス開始についてのお知らせの詳細)

また、Huobiでもビットトレードの通貨は全て取引が可能であり、取り扱い通貨はペアは6種類11通貨ペアを予定している、との事です。

『Huobiグローバル』日本ユーザーに関して

また、今年6月から先行発表された、『Huobiグローバル(Global)』における日本居住者向けサービス提供の終了に関して注意すべき詳細が、ユーザー宛てのメール内に記載されていました。

  • 出金:「Huobi Global」の取引終了日が、2018年12月31日
  • 12月31日以降、取引が不可能となり、出金のみが可能
  • 入金・取引・注文はすでに終了となった

(※ なお、日本の登録仮想通貨交換業者では取扱いのない仮想通貨を、12月31日までにBTC又はETHへ交換できなかった場合は、Huobiのカスタマーセンター まで連絡を、と注意喚起がされています。)


金融庁の厳しいスタンスがある中、世界有数の仮想通貨取引所『Huobi(フォビ)』の日本上陸は、市場関係者からも大きな注目と関心を集めています。

ビットトレードのサービスは終了となりますが、Huobiの新システムでは更なる流動性、利便性の高いサービスの提供、24時間365日カスタマーサポート対応をする等、満を持しての日本上陸となった事が分かります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!(^^)