暗号通貨取引所「Gate.io」 イーサリアムクラシックへの51%攻撃を確認!

暗号通貨取引所「Gate.io」
イーサリアムクラシックへの51%攻撃を確認!

仮想通貨取引所「Gate.io」は、イーサリアムクラシック(ETC)に対する51%攻撃を確認したとするレポートを公表しました。
また、攻撃による損失額を確認し、利用者に対して補償する方針も明らかにしたています。

「Gate.io」発表:51%攻撃の詳細

そもそも、51%攻撃とは何なのか?という事ですが…。

51%攻撃とは??
51%攻撃とは、暗号通貨のマイニング(採掘)において、悪意を持ったマイナーグループもしくは個人が「全体の51%以上の計算能力を持ち不正な取引を行う事」です。これにより、ブロックチェーンネットワークをある程度コントロールできるようになります。しかし、51%攻撃によりブロックチェーンのすべてをコントロールできるだけではない事はなく、51%攻撃により二重支払いなどの不正取引はできたとしても他者の暗号通貨を奪うような事はできません。
また、51%攻撃には「51%」という閾値は存在しません。これは、マイニングは確率的な事象であり51%未満でもコントロールできる確率があり、逆に51%より大きくてもコントロールできない確率があるためです。全体に対する30%程度のハッシュパワーを持つ事でもさまざまなタイプの攻撃が可能になる、とも言われています。

「Gate.io」のレポートによると、51%攻撃は、日本時間では2019年01月07日(月) 9:40~2019年01月07日(月) 13:20の間に、イーサリアムクラシックのブロックチェーン上において7つの取引の巻き戻しが発生、そのうちの4件は、51%攻撃によるもので、3つのアドレスを使って5万4200ETC(約3000万円)が送金されたという事です。

Gate.ioは、初期の段階で51%攻撃を阻止したものの、「すべての取引が妥当に見えブロックチェーン上で確認、承認されてしまった。このため4万ETCの損失が出た」と経緯を解説しています。
また、「すべての損失を補償する」ともしています。
(※ Gate.ioの公式HPより詳細をご確認ください。)

「51%攻撃」の影響

イーサリアムクラシックへの51%攻撃は、1月8日にも報道されていました。

米国の大手仮想通貨取引所「コインベース」は、51%攻撃を受けたとされるイーサリアムクラシックの損失額が110万ドルに上ると発表し、イーサリアムクラシックの取引を全て停止する事を発表しています。
また、攻撃の影響を受けたコインベースアカウントは無い事も公表しています。

国内最大手のbitFlyer」「コインチェックでも入・出金停止措置が行われ、安全性が確認でき次第、復活するとしています。

過去の「51%攻撃」から見るPoW通貨のリスク

昨年立て続けに発生した「51%攻撃」により、ビットコインゴールド(BTG)や、Verge (XVG)は巨額の損失を被り、そのネットワークハッシュレートの問題が明らかになっていました。

これらのネットワークに共通しているのは、規模の大きいネットワークと同じPoWコンセンサス(例えばビットコインなど)の仕組みを使っているため、それら巨大ハッシュレートを維持するマイナーが、同じアルゴリズムを採用する小さなネットワークの通貨にマイニングするブロックチェーンを変更する事で、51%攻撃でのハッキングが容易になってしまう、という脆弱性です。

また暗号通貨を代表するビットコインもPoW通貨ですが、ハッシュレートが他のアルトコインと比較して非常に高く、51%攻撃を行うためのコストは非常に高くなります。
そのため、大きなハッシュレートを持つ暗号通貨と同じマイニングアルゴリズムを持つ、ハッシュレート値の低い通貨にこの懸念点が存在していると言えます。
今回は、イーサリアムと同じアルゴリズムを使っているイーサリアムクラシックが「51%攻撃」を受けた事を考えると、PoW通貨にはこのようなリスクがある事も理解できます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!(^^)