【お金の捉え方 】Part1:お金と向き合う事の意味

お金と向き合う事の意味

はじめに

投資を行っていく、これは、お金を取り扱っていく、という事になりますね。

これはもう、皆さん当たり前のようにご存知の事かと。

ではそもそも、『お金』って何なの?

こんな事をじっくり考える…そんな時間が今までにどの程度あったでしょうか?

 

もっともっとお金が欲しい!

お金に囚われたくない…

そんな事は良く思うものです。

あって困るもの、ではないですから。

では、なぜお金を欲しいと思うのか?なぜ囚われたくないと思うのか?

これは…。

お金の本質を捉える事

お金との向き合い方を見つめなおす事

この2つが大きなポイントとなり、これをじっくり感じとる事で分かってきます。

 

本当の意味でのお金、これ、実はとても奥深いものです。

お金そのものを、頭(思考)では理解できているつもりでも、自分の心がどう捉えているのか?

ここを整理できると、お金に対する感じ方だけではなく、お金の流れにも変化が表れます。

 

お金の本質を捉える事

お金との向き合い方を見つめなおす事

ここを段階的に掘り下げながら、皆さんの投資生活に役立てて頂けたらと思います。

 

今回は、お金との向き合い方を見つめなおすこちらに焦点を絞ってお伝えしていきます。

『思考』ではなく『心』でお金を捉える

人間には「思考」と「感情」があります。

「思考」をコントロールする方法に関して、私達は幼い頃から教育を受けてきました。

学校教育の場で培い、社会に進出してからも鍛えられてきたもの、これが『思考』です。

 

ところが、『感情』のコントロールは、教わって身に付くものではありません。

例えるならば、「嬉しいと感じた時には、やった~!と大声で叫びましょう」というマニュアルがある訳ではない、という事ですね。

嬉しさの表現方法も十人十色であり、どれが正解で間違いか?という事でもありません。

自分の心が何を感じ取り、それをどう捉え見つめていくか?という事が「感情」です。

他の誰かに、「私の心の中にある感情を感じ取ってコントロールして」等というお願いができれば、随分と楽な事ですが…。

残念ながら、そのような事はできませんよね?

それならば、他人ではなく自分自身で『感情』をしっかりと感じ取る事が必要になるわけです。

 

そして、何よりも大切な事は、

『自分の感情には責任を持ち、否定をしない』という事です。

感じた感情の全ては、自分自身の心の中で沸き上がり、感じたものです。

例えば…。

ネガティブな感情である、怒りも憎しみ、恨みつらみ…その全ての感情の責任は自分にある、という事になります。

どんなネガティブな感情でも、『否定しない』という事も大切です。

 

なぜ、投資をしていくにあたって『感情』を感じる事が必要なの?

そんな疑問もあるでしょう。

その疑問を解決できるよう、シリーズ化してお伝えしていきたいと思います。

初回の今日は、お金と向き合う事の意味をお伝えしていきます!

お金と向き合うとは何か?

大切な事の一つとして、『投資』はお金を取り扱っていく、イコール、お金ととことん向き合っていく、という事になります。

向き合う相手『お金』に対し、多少なりともネガティブな感情を抱いていれば、『上手なお付き合い』が出来ません。

お金も人間関係も一緒ですね。

「この人は苦手だな」と思えば、知らず知らずのうちに距離を置こうと思いますよね?

この距離は、物理的な距離もあれば、心の距離もあると思います。

という事は、「自分にお金を得ることが出来るのだろうか?」と思えば、知らず知らずのうちに、お金との距離が生まれます。

「お金を得られないのではないか?」という自分自身への疑いが、お金を遠ざけている…という事ですね。

 

このように、お金に対してどのような感情を抱いているのか?という事を、真正面から時間を掛けて考える、そんな事は日常生活のシーンではあまり無い事だと思います。

既に投資を始めている方も、これから始める方も、この機会に『お金』に対する思い、これを感じてみる事をオススメします。

くどいようにお伝えしますが。

『お金』に対して、多少なりともネガティブな思いを抱いていれば『上手なお付き合い』は出来ません。

『上手なお付き合いをする』そのためには、お金と向き合う事が必要なのですね。

やはり、人もお金も同じ…ですね。

 

では、お金に対するネガティブな思いが作り上げられたのはいつなのか?

これ、実は『子ども時代』にあります。

大人になってからの心の在り方ではないのですね。

誰もが通ってきた子ども時代の『お金との出会い方』が根っことなり、今に至っているのです。

 

次回は、お金との出会い方が、大人になった今にどのような影響をもたらされているのか?

ここを掘り下げてお伝えしていきます。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^^)