【 お金の捉え方】Part2:お金との出会いストーリー

お金との出会いストーリー

はじめに

前回の記事では、お金を取り扱っていく時には、お金との向き合い方を見つめ直す必要がある、とお伝えしました。

そのためには『子ども時代』までさかのぼる必要がある事も。

そして今回は、お金との出会いを振り返ってみる、という事をテーマにお伝えしたいと思います。

 

お金との出会い?それが何か関係しているの?と思われた方、多いかもしれません。

私がこれをお伝えしたい!と思ったのは、それだけ大切な事…だからなのです。

ぜひ、最後までお読みくださいね。

子ども時代を思い出す

そもそも私達の『お金との向き合い方』が作られ、心に刻み込まれたのは、『子ども時代』なのですね。

今現在のお金の捉え方や概念は、子どもの頃に作られた、という事であり、これは誰しも一緒の事、なのです。

という事は…。

自分がお金をどう感じ取っているのか?を知るためには、幼少期までさかのぼってみる必要があるのですね。

この機会に、子ども時代までタイムスリップ!してみませんか?

 

さて!

皆さんがお金と初めて出会った、一番古い記憶はいつの事でしょうか?

お小遣いを手にした時?

お年玉をもらった時?

お使いへ行くために手渡れた時?

その記憶を辿り、その時感じた『気持ち』も思い出してみてください。

 

例えば…。

お小遣いを手にした時「何かをすれば、ご褒美としてお金を貰えるんだな!嬉しいな」

お使いへ行くためお金を手にした時「これは大切な物。落とさないように、無くさないようにしないと」

と、このような事です。

ここで気を付けて欲しいポイントが一つあります。

ネガティブな感情だから悪い、ポジティブな感情だから自分はお金に恵まれる、という『良し悪し』では無い、という事です。

どのような気持ちがあっても良いので、子どもの頃の気持ちをそのまま感じとってみてください。

皆さんがお金と出会ったのはどのような場面で、どのような気持ちを抱いていたでしょうか?

 

「嬉しいな」「ワクワクするな」「これで何を手に入れようかな」というポジティブなイメージを思い出した方は、もしかしたら少ないのかも?と思います。

「無くしてはいけない」「しっかりお手伝いをすればお金はもらえるものなのだ」このように、ややネガティブ寄りな第一印象を『お金』に対して持っていた人、多いのではないでしょうか?

実は私も、このような気持ちがありました。

 

皆さんが感じたお金の第一印象、これが大人になった今でも残っており、その時と同じ見方や捉え方をしているのですね。

まじめに仕事をしなければ、お金を手にする事ができない。

大切な物だから失ってはならない。

普段、意識していない心の根っこ部分でこのように捉え、お金を取り扱っているのです。

お金に対するネガティブ感情・間違った認識とは?

そして、最も影響力が大きいポイントがもう一つあります。

例えば…。

両親がお金の事でいつも喧嘩をしていた。

「家にはお金が無いんだから!」と言われ続けていた。

家庭の中で、いわゆる「だらしない」お金の使い方をしている人がいた。

家族の誰かが、ギャンブルにのめり込んでいた。

お小遣いをもらうのが申し訳なくアルバイトでお小遣い稼ぎをしていた。

 

このような出来事は、瞬間ではなく長い時間をかけての出来事なので、その記憶は心の奥深くに刻み込まれています。

お金は喧嘩の元になる、

お金があるとだらしなくなる、

どんなにお金があっても一瞬で無くなるような事になる、

このように刻み込まれているのですね。

 

こうなると、お金に対して『あると嬉しい物』という認識ではなくなる事が分かるかと思います。

お金は人をダメにするもの、お金はあっても足りないもの、という間違った認識が『正しいお金の捉え方』とされてしまっているのです。

このような思いを、大人になった今でも心の片隅に抱えていたとしたら、とっても辛いですよね。

 

しかし、この捉え方を変えたい!と思えば、変える事はできます。

変えるのか、変えないのか、この選択肢も、一人ひとりにあるのですね。

では…。

どうしたら変えられるんだ?という事ですよね。

 

ネガティブな捉え方を変えたい!そう思った時に一番必要な事は『頭で理解しようとしない』という事です。

ひたすら『心』で感じてみる、という事ですね。

ここがスタート!です。

お金と出会った時の気持ち、子ども時代に培ったお金の捉え方、これを感じ取ったうえで、そもそもお金とは何なのか?これを理解できれば、皆さんがお金とうまく付き合える心(マインド)を持つ事ができます。

 

そもそもお金とは何なのか?これも奥深いものなります。

奥深いゆえに、簡単には伝えられません。

という訳で、これは次回以降のテーマとさせて頂きますね。

 

今回は、皆さんの『お金との出会いストーリー』までさかのぼってもらいました。

どのような気持ちを抱いていたとしても、正解も無ければ不正解もありません。

という事は、どのような気持を抱いていてもOKなのですね。

このシリーズを通し、お金に対しするネガティブな気持ちを手放して、ポジティブなワクワクする気持ちを感じてもらうことができたら…そう思っています。

 

次回は、そもそも、お金と何なのか?お金の本質とは何なのか?

これをテーマにお送りいたします。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました(^^)