ブロックチェーンとは?一体何の事?を解決!

ブロックチェーンとは何なのか?を解決!

暗号通貨を知るために、避けて通れないのが『ブロックチェーン』です。

このブロックチェーンとは何なのか?初心者の方でも分かるようにお伝えしていきますね。

ビットコイン(暗号通貨)と現金(法定通貨)の違い

まずは復習も兼ねて、ビットコインと現金の違いについてお伝えします。
(ビットコインの詳細については、こちらをご参照ください。)

この違いが分からないと、ブロックチェーンを理解する事が難しいから…ですね。

ビットコインは、紙幣や硬貨のように目には見えないバーチャルな物ではあるけれど、お金としての機能は果たしています。

銀行には預けるのではなく『ウォレット』と呼ばれる、バーチャルなお財布で管理をしたり持ち歩いたりしています。

では、実体がみえないけれどお金の役割を果たす、そんなビットコインがどのように作られているのか?

ここで大変重要な役割をするのがブロックチェーンなのです。

ブロックチェーン

では、ここからが本題!ブロックチェーンについてのご説明をしていきます。

このブロックチェーン、一言で説明すると『ビットコインなど暗号通貨の流通を支える仕組みや技術の事』なのです。

もともとブロックチェーンはビットコインと一緒に開発されてきました。
(今では、他の暗号通貨や全く別の仕組みにも開発・応用されるようになっています。)

イメージしやすいものとして…。

ビットコインは、法定通貨でいう「円」や「米ドル」などの、通貨そのもの

ブロックチェーンは、銀行システムのようなもの

法定通貨を送金する時は、第三者の銀行を仲介して送金をしています。

ビットコインを送金する時は、第三者の銀行ではなく、ブロックチェーンという仕組みを利用して送金しているのです。

ブロックチェーンの管理は、銀行のように実際に建物があるわけではなく、ネットワーク上で運用されているのです。

それでは、ブロックチェーンの特徴を一つ一つ見ていきましょう。

ブロックチェーンには『不可逆性』がある

ブロックチェーンはブロックと呼ばれる取引のデータを全て一本の鎖で結んでいます。

この鎖は一方向にしか流れないので、逆戻りができないのです。

鎖で繋がれているのでデータを修正しようとしても、全てを修正しなければならないのです。

取引は全て、たった一本の鎖に記録されていますが、どこか一箇所のサーバーに保管されているのではないのです。

利用している全てのコンピューターに全く同じ鎖が保存されています。

これによって、世界中の誰もが、データを閲覧することができます。

という事は、誰かが改ざんしたりコピーしたり、このような不正をする事ができません。

もし、改ざんやコピー等をした場合には、その鎖だけ他の人とは別物になってしまい、簡単にバレてしまうのですね。

『中央集権型システム』ではなく『分散管理型システム』

銀行でお金を送金する時には、必ず銀行が管理するシステムを通さないと相手に送金することができません。

これは銀行が管理するシステムにすべての取引が集中する中央集権型のシステムです。

分散管理型システムとは、送金データが不特定多数のコンピューターに分散して管理されています。

銀行送金のように銀行のサーバーで集中管理されているのではない、という事です。

ブロックチェーンは、世界中の全てのコンピューターにデータのバックアップがあるようなイメージです。

コンピューターを同時に壊さないかぎりデータが消滅する事はありません。

誰かが書き換えようとしても、同時に全てのコンピューターを操作しなければならないため、現実的には不正が不可能となっています。

管理する皆で管理して記録する事から『分散管理型』と呼ばれています。

現実的には不正が不可能、イコール、信頼性がかなり高いという事もお分かりいただけるかと思います。

ハッシュ関数とハッシュ値

ビットコインの一つ一つの取引はトランザクションと呼ばれ、 全ての取引はAさんからBさんへ移動するという形で記録されています。

AさんからBさんに1BTCを移動するという取引があった場合、ハッシュ関数という特殊な関数によって、64桁のハッシュ値に取引が変換されます。

ハッシュ関数で有名なものとして『SHA‐256』というものがあります。

この関数を元に計算作業をする事で、ハッシュ値を得る事ができるのです。いち早く計算作業ができたマイナーと呼ばれる人(実際にはコンピューターが行っている)には、その報酬として12.5BTCが与えられます。

ハッシュ関数の特性として、入力データからハッシュ値を生成する事はできますが、ハッシュ値から元データを割り出す事はできません。

元となるデータをちょっとでも変更すると、変換後のハッシュ値は全く違ったデータになってしまうのです。

この仕組みがビットコイン取引の改ざんを防いでいるのです。

ビットコインの発行や取引の詳細データを10分に一度1つのブロックにまとめ、改ざんできないように全てのブロックをチェーンでつないでいきます。

(※ BLOCKCHAINではすべての取引のハッシュ値をリアルタイムで確認することができます。)

ブロックチェーン まとめ

ブロックチェーンは…。

暗号通貨を支える仕組みや技術である。

複雑なシステムによって、現実的に不正は不可能。

この2つがが大きな柱になるかと思います。

今回は、ブロックチェーンについてお伝えしてきましたが、多少なりとも理解を深めてもらう事ができたでしょうか?言葉の難しさや、分からない事も多いかと思います。

ブロックチェーンの仕組みは、暗号通貨だけではなく様々な場面で応用され始めています。

知っておいて損はない!そう思っています。

ブロックチェーンを理解するうえで、もう一つのヒントが『マイニング』です。

マイニング関しては、こちらの記事をご参照ください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^)