マイニングとは?一体何の事?を解決!

マイニングとは何なのか?を解決!

ビットコインやブロックチェーンの話の中に、必ずと言ってよいほど登場するワードが、マイニングです。

このマイニングとは何なのか?初心者の方でも分かるようにお伝えしていきますね。

マイニングを知るうえで理解しておきたい事として、ブロックチェーンがあります。

ブロックチェーンに関する事は、こちらをご参照ください。

マイニングとは?

マイニングを一言で言うならば、『暗号通貨の暗号化システム、取引履歴の記録システムに参加する』という意味になります。

この中にある2つのポイントが…

1.暗号通貨を新規に発行すること

2.取引の承認をすること

となります。今回は、この2つに焦点を絞ってお伝えしていきます。

1.暗号通貨を新規に発行すること

マイニングは、取引における記録を証明する作業で、これを正確に記録するためには膨大な計算力が必要とされるのです。

これを、世界中の人々(マイナー)が、高性能なコンピューターを使って競い合いながらやっていきます。

高性能なコンピューターを買うのにはお金がかかります。そして、それを稼働させるのにかかる電気代も莫大なのですね。

こんな大変な作業をやるからには報酬を!という事で、一番初めに正確にやってくれた人(マイナー)に対し、ビットコインが支払われるのです。

このマイニング作業を成功させた人(マイナー)に新しく発行した暗号通貨を支払う事で、新たな暗号通貨が発行されるのですね。
(しかしこれは、このマイニング作業を成功させた時のみ…です。)

この事から、マイニングが暗号通貨の新規発行という大きな役割を果たしているのがお分かりになるかと思います。

2.取引の承認をすること

暗号通貨は、マイニングという作業で新規発行がされている、という事が分かりました。

そして、その後行われる暗号通貨の取引において、その取引データ、これが正しかどうかを検証する必要もあるのです。

正しいと認められた取引データは、書き換えられないようにもしなければなりません。さらに、一度マイニング作業が行われた取引データは改ざんをする事ができません。

この取引データの承認作業に大きく関わっているのが、ブロックチェーンです。

ブロックチェーンはブロックと呼ばれる取引のデータを全て一本の鎖で結んでいる、という事を、こちらでお伝えしました。

ブロックとはビットコインの取引をいくつかまとめた集合体の事です。このブロックが繋ぎ合わされ連なった状態が、ブロックチェーンです。

マイニングの計算、承認作業は、この各ブロックに対して行われていくのです。

1回のビットコイン送金が、どんなに多くても少なくても、この計算、承認作業は必ず行われています。

取引の承認を行う事、これもマイニングの大きな役割なのですね。

ビットコインの半減期

半減期とは、マイニングの報酬が半分になる時の事です。

21万ブロックのマイニングごとに半減期が訪れ、およそ4年に1回の周期でやってきます。
(これはブロックの生成時間(10分)×21万ブロック=4年という計算によるものです。)

次の半減期は東京オリンピックが行われる2020年頃ではないか?と予想がされています。


半減期が来ると、同じ作業に対してマイナー報酬が2分の1に下がるので、マイナーたちのやる気がなくなってしまい、マイニングが停滞する可能性が大きい、という事が考えられます。

しかし、新たに市場に発行されるコインが少なくなるため、発行されているビットコインの希少性はさらに高まる、というメリットもあります。

このような期待の高まりから、過去の半減期の直前には、ビットコインの相場は大きく上昇し、マイナーへの報酬が半分になっても問題ないように相場によって調整されてきました。

事実、過去の半減期(2012年/2016年)では実際に大幅な上昇を見せました。

マイニングまとめ

暗号通貨におけるマイニング、とっても奥深いものなのです。

最近では、個人では到底無理があるため、企業単位で行っている事がほとんどなのです。

様々な企業でマイニング事業を行っているので、そこに参加、投資を行ってビットコインを増やしていく、という事も一つの選択肢にはなるかと思います。

その際にはじっくりと吟味をしながら、行っていってください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^)